お知らせ

 

沿革

  • 1978年   長野県とその周辺地域における実験動物に関係する大学・企業を中心とした交流会が発足。
  • 1981年4月  信州実験動物研究会が発足。初代会長に吉田元一氏(信州大学農学部)、副会長に大谷武彦氏(潟Vーエスケー実験動物研究所 伊那リサーチ)が就任。
  • 1985年4月  副会長に中川博司氏(叶M州動物実験センター)が就任。
  • 1987年4月  副会長に加藤正秀氏(養命酒製造梶@中央研究所)が就任。
  • 1989年4月  副会長に辻 紘一郎氏(潟Vーエスケー実験動物研究所)が就任。
  • 1994年4月  副会長に松本清司氏(信州大学医学部附属動物実験施設)が就任。
  • 1997年2月  創立20周年の記念講演・祝賀パーティーを開催。また、記念誌を発刊。
  • 1997年4月  会長に辻井弘忠氏(信州大学農学部)が就任。
  • 2008年4月  会長に松本清司氏(信州大学ヒト環境科学研究支援センター)が就任。
  • 2009年4月  副会長に宮崎 譲氏(潟Cナリサーチ)が就任。
  • 2017年4月 会長に高木優二氏(信州大学農学部)、副会長に正木文夫氏((株)シミックファーマサイエンス)が就任。
  • 現在に至る。

活動の目的

  • 長野県とその周辺地域における動物実験の適正化を促進するための情報交換
  • 長野県とその周辺地域で実験動物に関わる大学・企業の交流による研究推進、地域社会活性化
  • 研究会・勉強会の開催による実験動物に関する知識や技術の向上

活動内容

  • 定期的な研究会・勉強会の実施
  • 定期的な交流会の実施